市議選告示定数22名に26人

市議選ポスター①

平成最後の市議選が始まった。定数22名に26名が立候補。4人が涙を呑む激戦になった。今回の市議選は告示直前まで動きがあった。告示3日前に43歳の女性が立候補決意。新人8名が立候補し新旧交代の時期かもしれない。現職組は必死になりながら選挙カーで連呼している。新人は怖いもの知らずに歩きながら挨拶回り。初日は小雨が降る中、歩きながら連呼する候補、車の中から市民がいれば飛び降りて挨拶に来る候補、街頭演説を主にしている候補など様々。

 

昨日、友人のシイタケ駒打ちに加勢に行った。仕事をしている道端を数人の候補が通った。殆どの候補は車から降りて挨拶、握手を求めて次の目的地に向かった。しかし、市役所労組から出馬しているある候補は駒打ちをしている数人いた市民の前を連呼しながら車のスピード上げながら通過。その場にいた有権者曰く『選挙カーから降りて来て挨拶するのが筋、お茶かぶりが良いね』と怒っていた。私もその現場を見ていた。大した候補がいるものだと呆れている。

 

今回の選挙は最後まで誰が貧乏くじを引くかわからない状態である。その点、組織をバックにしている候補は安定している。自治組織の支援、壮年会の支援を頂いている候補も安定している。団体やバックがない候補は一人一人の市民へ支持を訴えている。不安定な要素をもった候補も多い。現職組は4年間の実績評価される選挙でもある。期日前投票を前面に出している団体もある。残り少なくなった期日を有効に市民に訴えた候補が勝つだろう。

東有田中学卒業同窓会が・・・・

31.4同窓会①31.4同窓会②

昭和37年3月東有田中学校を卒業した同窓会が開かれました。卒業当時は126名いましたが、23名の同級生が亡くなっています。毎年開催している同窓会が今年は2月から4月開催となった。3月に往復葉書で出欠を行い、31名の同級生から出席の返事があった。4月6日午後5時、三隈川沿いの山水館ホテルで開催された。毎年出席している方、久しぶりに出席した方などが集まった。

 

まず、会って最初の言葉が体の調子、家族の動向、昔話など話は弾んだ。亡くなった同級生に黙祷し、後藤健一会長が挨拶。『桜の散る時期の開催いかがですか?元気でしたか?今日はゆっくり昔話など時間のある限り話して下さい。』と話された。記念撮影し、すぐにカメラ屋へ。30分後に出来上がり参加者に配布。遠くは東京近辺から4名、名古屋近郊から2名、大阪近郊から1名が参加された。ありがたいことです。

 

宴会の中で、「ひょっとこ踊り」「リンゴケーム」なども行った。会費も10年前から見れば安くして、参加しやすい会費にしていることもあり、女性同級生の参加が多い。3時間がまたたく間に終わった。来年も再会できるように体に気を付けて参加することを全員で誓った。70歳を過ぎると体の何処かが悪くなったりしている方も多かった。