大分方面の市場調査に出掛ける!!

議会一般質問25.6.15

古代米を出荷している大分市・別府市の売り場の市場調査に出掛ける。毎年、トキワインダストリー4店舗は順調に売れていたが、今年はその内のワサダ店の売れ行きが芳しくないため、その現場も見たかった。明野とワサダ店は店舗も大きく、お客の出入りも多く、大分市民に馴染みの大型ショッピング店舗である。

ワサダ店舗に行き、ガルデンの売り場にの一部にある「新米コーナー」に行き、古代米を探すがない。売れてしまったのかと一瞬思ったが、ガルデン売り場から離れた場所に数品目の品物を発見。その中に、私の古代米もあり、出荷した数量殆どが山済みされていた。古代米を買いに来ても、あの場所にガルデン売り場があるとは気が付かない場所である。何であの場所に今年から設置したのか分からないが憤りを感じてワサダ店を離れる。

大山農協が自作栽培している古代米は新米コーナーに置いて、出荷者の古代米はお客が目に留まらない場所に置いてあることに憤慨している。昨年までは順調に売れていた古代米がワサダ店で今年は殆ど売れない原因が分かったので、明日でも担当者に売り場変更をお願いすることにした。春日浦店、鶴見園店での売れ行きは順調でした。