古代米の稲刈り・・・

古代米25.10.13

古代米の稲刈り開始。もち米、香米と午前中は順調に進むが、午後になってコンバインの調子が悪い。農協農機具センター職員を呼び、ベルトなどの取替えをする。この間の1時間が無駄になったために、赤米と黒米が終わらず、明日へ持ち越しとなる。娘、娘婿、孫一人も加勢に来てもらい、仕事は順調に進んだ。竿の片付け、藁の片付けなども順調に進んだ。害虫の被害も最小限度に収まり、まあまあの収穫出来具合である。