ようやく決断!!

害虫被害を受けた田んぼ被害を受けていない田んぼ

私の田んぼの稲刈りを12日と13日で終わらせるよう計画していた。ところが諸留ほ場整備内の田んぼが害虫を中心に被害が拡大している。そのため早めの稲刈りになっている。早期に稲刈りをすれば青米など屑米が多くなる。私方の田んぼは害虫被害は少しはあるが、他の家より少ない。しかし、周りの田んぼが稲刈りが終わり、虫は私の田んぼに飛来しているように感じられる。害虫が集まれば、一晩で大きな穴が出来、稲が枯れてしまう。

天気報では5日は雨が降ると予想されている。そうすれば2~3日は稲刈りが出来ない。その間に害虫被害が拡大することも予想される。悩み続けた結果、4日の午後から半分の稲刈りをすることにした。ライスセンターの予約、娘婿への連絡など連絡して体制が整ったのでようやく決断する。袋詰めのコンバイン(煙突が付いたコンバインなら楽にライスセンターに運び込まれる)であるため、田んぼからライスセンターへの籾の入った袋を運ぶ作業が大変。そこで、娘婿などに加勢してもらうことになった。

4日午後から作業をし、夕方までしてライスセンターに籾を運び込む予定。残りの田んぼも来週早い時期に稲刈りをすることになろう。他の田んぼは害虫被害は殆どないが、早目の稲刈りになるようだ。