古代米だけ一足先に・・・

桶に漬けてあった古代米の籾の膨らみが早く、少し芽が出始めている。このため、「ひのひかり」より早く箱に下ろす作業をする。赤米、黒米、香米、紫米など7品目の籾を箱に手巻きする。41枚の箱に下ろす。もち米は今年は多めに作る。土を載せたり、種を手巻きしたり、水を段ぶり撒いたりしてやる。その後、田んぼに持って行き、並べシートで被せる作業工程でする。