台風12号 熱帯低気圧に 引き続き暴風・高波に警戒

気象庁の観測によると、台風12号は26日午後9時に、対馬海峡付近で熱帯低気圧となった。ただ、九州では27日も引き続き暴風や高波に警戒が必要だ。台風12号は、26日には九州の西海上を北上し、午後7時頃に長崎県の佐世保市付近に上陸をしていた。台風が日本列島に上陸するのは、11号に続き今年2つ目。熱帯低気圧に変わったあとも湿った空気が流れ込みやすく、西日本は27日にかけて大気の状態が不安定となり、雨が強まるところがありそうだ。

台風の南側に活発な雨雲があり、九州北部は27日明け方にかけて1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。27日夕方までの24時間に予想される雨量(多いところ)九州北部150ミリ、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要です。

≪NHKニュース・・・・台風12号は午後9時に九州の北の海上で熱帯低気圧に変わりました。気象庁は、九州ではこのあとしばらくは急な激しい雨や高波などに十分注意するよう呼びかけています。気象庁の発表によりますと、台風12号は勢力を弱めながら九州の西の海上を北上し、午後7時ごろに佐世保市付近に上陸しました。その後、九州北部を北上して、午後9時に九州の北の海上で熱帯低気圧に変わりました。

台風から変わった熱帯低気圧の影響で、九州北部では27日の明け方にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。また、九州の沿岸は27日の午前中にかけて波が高い状態が続く見込みです。気象庁は、九州では急な激しい雨や高波などに十分注意するよう呼びかけています≫

連続不審火か 木材関連施設の火災

不審火①不審火②不審火の場所

西日本新聞・・・・日田市で今年に入り、製材所などで木材が燃える火事が相次いでいる。26日午後9時半ごろには同市西有田の小田製材所(小田惣一朗代表)の倉庫から出火、木材約15立方メートルとテント張り倉庫の天井約6平方メートルを焼いた。けが人はいなかった。今年に入って木材関連施設の火災はこれで4件目。いずれも現場には火の気がなく、日田署は連続不審火の可能性もあるとみて調べている。

同署によると、1月2日に木材と倉庫の一部が燃えた「マルト木材」(同市庄手)をはじめ、4月2日の日田木材協同組合(同友田)、同15日の「マルミヤ」(同石井)-と、木材関連施設で木材などを焼く火事が続いている。いずれも午後9時半~午前2時半ごろの夜間から未明にかけての出火で、けが人はいなかった。26日の火災では倉庫から約200メートル離れた製材所に夕方まで従業員がいたが、夜間は無人だったという。他の3件の現場も営業時間外で人の出入りはなかった。大分地方気象台によると、県内には乾燥注意報が出ており、28日まで火の取り扱いへの注意を呼び掛けている。西日本新聞朝刊=

大分合同新聞・・・日田市内の木材関連会社で不審火が相次いでいる。今年1~5月の夜間、市中心部から半径約3キロの範囲内で、木材倉庫などが被害に遭う火災が4件発生した。いずれも火の気はなく、日田署は連続不審火とみて捜査を続けている。木材を扱う関係者からは「次は自分の会社かもしれない」と不安が広がっている。

同署によると、ことし確認されている木材関連会社での不審火は▽1月2日午前2時40分ごろ マルト木材(庄手)▽4月2日午後9時45分ごろ 日田木材協同組合(友田)▽同15日午前0時5分ごろ マルミヤ(石井)▽5月26日午後9時半ごろ 小田製材所(西有田)―の4件。現場は木材置き場などで、出入りが自由にできるという。日田玖珠広域消防本部によると、積まれた木材の内部から燃えている点が共通しているという。製材所を中心に夜間のパトロールを強化。同署は何者かが放火した可能性も視野に捜査している。

26日に小田製材所の倉庫で発生した火事では、木材の一部(約15立方メートル)と鉄骨テント張り平屋の天井の一部(約6平方メートル)が燃えた。同署と同消防本部は27日、合同で実況見分をしたが出火原因の特定には至らなかった。同署や同製材所によると、午後5時ごろ、従業員が倉庫で在庫確認をした際に異常はなかった。製材済みのヒノキが積まれており、近くに火の気はなかった。現場は市郊外の田園地帯。県道近くにあるが夜は人通りが少ないという。

同製材所の小田栄一郎常務(45)は燃えた木材を見ながら「いつかはうちの製材所が被害に遭うのではないかと思っていた。防犯カメラの設置も考えていたのに」と話した。相次ぐ不審火を受け、日田木材協同組合は4、5月に各2回、加盟する計56の製材所に▽防犯カメラやセンサーライトなどの設置▽燃えやすいものを放置しない―などの防犯・防火対策を文書で呼び掛けた。マルミヤの宮崎健史社長(47)は「一連の不審火は気味が悪い。夜間でも工場に明かりをつけるなど対策を取っている。もし犯人がいるなら早く捕まってほしい」と話している。 ※この記事は、5月29日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。

毎日新聞・・・・不審火:製材所倉庫で4件 日田市で1〜5月 日田木協、防犯強化へ 26日午後9時半ごろ、日田市西有田の「小田製材所」の倉庫から出火し、倉庫内の木材や天井など約21平方メートルが焼けた。同市内では今年に入り、製材所の倉庫で起きた不審火とみられる火災は4件目。いずれも火の気や人けのない場所で、日田署は連続放火の疑いもあるとみて捜査している。56業者が加入する日田木材協同組合は防犯カメラやセンサーライト、火災報知機の設置など、自主的な防犯対策の強化を組合員に呼び掛けている。

これまでの不審火は▽1月2日、日田市庄手で倉庫の一部8平方メートル▽4月2日、同市友田の日田木協倉庫で木材25立方メートルと屋根の一部▽同15日、同市石井の倉庫で木材50立方メートルと天井30平方メートル−−がそれぞれ焼けた。このほか、日田市三和の民家でも同26日、農機具の倉庫24平方メートルが全焼し、車2台が一部炎を浴びた。今回を含めてけが人はいなかった。

発生時間はすべて夜間(午後9時半ごろ〜午前2時半ごろ)で、場所はバラバラだが、出入りが比較的自由なのが特徴だ。自らも被害に遭った日田木協の瀬戸亨一郎理事長(55)は「いずれも火の気や人けがなく、放火以外には考えられない火災もあった」と話す。さらに「焦げたのは9センチ角の角材で、ライター程度では簡単に火は付かない。他を含め、強力な火器を使ったのではないか」と推測している。

不審火を受け、木協は4月中旬、日田署に巡回の強化を要望。製材所は元々、放火を想定した対応は取っていなかったが、「これからは積極的な防犯機器の設置などを指導したい」(瀬戸理事長)。近く役員会で協議し、警察による防犯講習会も検討する。また、大量の木材を取り扱う原木市場関係者は「貯木場は広く、なかなか目が届かない」と語り、すでに事務所を含めた8カ所に防犯カメラや火災報知機を設置したという。

不審火が市内で相次ぐ 製材所など

中尾町火事現場27.5.26

 26日午後9時半ごろ、日田市西有田の小田製材所(小田惣一朗社長)の倉庫から火が出ていると、通行人の男性から119番通報があった。鉄骨テント張り平屋の天井の一部(約6平方メートル)を焼き、木材の一部(約15立方メートル)が燃えた。けが人はなかった。日田署によると、午後5時ごろまで約200メートル離れた製材所に従業員がいたという。近くに火の気はなく、不審火の可能性もあるとみて調べている。市内では1月から4月までに、木材関連会社で不審火が3件続いており、同署は関連を調べる。

 

今年も来た!暑さ日本一 日田市で33度

暑い日田市①日本一

高気圧に覆われ気温が上昇、日田は最高気温33・0度を記録し、テレビで日本一の暑さと報道された。大分地方気象台によると、県内は全域で晴れ。強い日差しの影響で気温が上がり、12地点でことしの最高気温を更新した。このうち7地点は真夏日となった。各地の最高気温は▽犬飼 32・2度(平年25・7度)▽竹田、豊後高田 31・2度(同24・6度、24・3度)▽院内 30・7度(同24・9度)―など。大分市は29・5度(同24・5度)だった。

このため、日田市内でプール掃除をしていた高校生2人が熱中症の疑いで救急搬送された。日田消防署によると、午後3時ごろ、同市内の高校で男子生徒と女子生徒がプールの掃除中に頭痛や吐き気などを訴えたという。また、市民は自宅前で打ち水をしていた。「きょうは本当に暑い。水をまくと和らぎます」と話す。県内は27日も内陸部で最高気温が33度まで上がり、気温が高い状態が続く見込み。28日は雲が広がりそう。

◆詐欺電話に注意◆

詐欺イラスト

◆詐欺電話に注意◆
 今月に入って日田市内の高齢者方に、日田市役所の税務課職員を騙る者から
   「税金の還付金がある」
   「取扱い銀行はどこですか」
       [携帯電話番号を教えて下さい」
等の詐欺電話があっています。
 市役所がこのような電話をすることは絶対にありません。
 同種の電話があっても、慌てずに、まずは家族や警察に相談して下さい。  日田警察署(0973-23-2131)

「第2回花月川・有田川の水害に強い地域づくり推進協議会」開かれる

有田川氾濫24.7.3有田川氾濫①24.7.3有田川氾濫③24.7.14熊ノ尾川氾濫24.7.14

国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所主催で「第2回花月川・有田川の水害に強い地域づくり推進協議会」が昨日午後市役所で開かれた。「水害に強い地域づくりプラン(案)」いわゆるソフト面を発表した。今回の会議から正式に諸留町自治会代表で私が委員に就任した。平成24年7月の北部九州豪雨を受け、水害に強い花月川流域を実現するために昨年1月に協議会を設立した。国、県、市の防災担当者や消防団長、自治会長、学識者らが委員。作業部会でプラン案の具体的な施策などについて協議してきた。

第2回会議に委員ら約40人が出席。プラン案は(1)住民の迅速で正確な災害情報の共有(2)迅速かつ安全な避難行動の実施(3)地域住民の水害に対する認識向上―の三つを基本方針に掲げた。基本方針に基づき、10の施策と施策ごとの行動プランをまとめた。短時間で避難判断できる仕組みづくりとして、豆田地区に景観を損なわない色彩の水位危険度レベル表示の設置を提案。被災者のインタビュー映像などを資料にし、各学校で防災教育の普及を図ることなどを盛り込んでいる。今後プラン案に基づき、順次施策を実施していく。

行方不明者発見出来ずに残念!!

行方不明者捜索活動27.1.25 ①行方不明者捜索活動27.1.25 ②行方不明者捜索活動27.1.25 ③行方不明者捜索活動27.1.25 ⑧行方不明者捜索活動27.1.25 ④行方不明者捜索活動27.1.25 ⑤行方不明者捜索活動27.1.25 ⑥行方不明者捜索活動27.1.25 ⑦

一尺八寸山(みおうやま)の山頂に向かう林道で、行方不明になっているおばあちゃんの捜索のために、地元住民による捜索ボランテァ活動2日目に103名の皆さんが協力し、一日中、一尺八寸山で捜索活動を行なった。残念ながら発見することが出来なかった。今日は車があった山頂付近から尾当町一帯まで広げて捜索活動を行なった。

林道で舗装しているところは通れたが、未舗装部分では軽トラックがスリップする場所も多く、大変な捜索活動になった。少しでも手がかりになるものがあればと言うことで、黙々と雑木林の中に入っていく住民の姿を見て有難く感じている。午後4時過ぎに捜索活動を止めて、軽トラのある所まで歩いて帰る姿は悔しさが滲め出ていた。

東有田公民館に帰り、解散式では日田警察署課長、親族の方より労いの言葉があった。地元住民の皆さん、2日間、ありがとうございました。日田警察署の皆さんも40人体制で広い範囲捜索活動を行なっているが、明日からは全体での捜索は区切りを付けて、通常の捜索活動に帰ると言う。おばあちゃんの安否が早く分かることを願うだけです。

2日間の行方不明者捜索参加状況は・・・・◎1月24日 *東有田65名、*西有田7名、*消防13名、その他1名、*昼食準備者8名、*事務局3名  ★合計97名  

◎1月25日 *東有田62名、*西有田16名、*消防14名、*昼食準備者9名、*事務局2名  ★合計103名  

◎全参加状況 *東有田127名、*西有田23名、*消防27名、その他1名、 ★合計178名、*昼食準備者17名、*事務局5名   ★合計200名

95名、8班に分けて行方不明者捜索

一尺八寸山捜索活動27.1.24 ①一尺八寸山捜索活動27.1.24 ②山頂付近一尺八寸山捜索活動27.1.24 ③車がうまっていた林道一尺八寸山捜索活動27.1.24 ④林道沿いには市有林一尺八寸山捜索活動27.1.24 ⑤林道は藪茂る一尺八寸山捜索活動27.1.24 ⑥

東西有田地区住民、消防東有田分団、市役所職員東有田会など総勢95名の皆さんが集まり、一尺八寸山(みようやま)一帯の大捜索を開始した。午前8時半に集合し、約10名、7班に分けて、山に入り、林道沿い、山の中、沢を下ったり険しい山を登ったり、大変な作業になった。一尺八寸山(みようやま)の山頂付近から登山道一帯は、詳しい地元の東羽田町住民が捜索する。11時半に一度東有田公民館まで帰り、昼食を取る。昼食も料理教室の皆さんが加勢頂き、美味しいカレーが待っていた。

経費等は振興協議会と自治会連絡協議会で負担することになった。困っている時は、お互いの精神で皆さんのご理解も頂く。午後からも午前中に引き続き、二つ尾から萩原付近の山中の捜索。今日は残念ながら発見することは出来なかった。日田警察署からお礼の挨拶も頂き、行方不明者の子供さんも来訪してお礼の挨拶も頂いた。北九州市の81歳の女性は依然として見つかっておらない。

一尺八寸山(みようやま)山頂付近で、車がぬかるみにはまって動けなくなった場所も見たが、おばあちゃんの足取りが分かれば、問題なく発見できるが、その行動が全く分からないので、捜索範囲も広くなっている。日田警察署も40人体制で一週間毎日捜索活動をしているが、発見できていない。明日も東西有田地区住民で最後の捜索をする予定です。見つかることを願っている。

東西有田地区住民も捜索に・・・

遠くに見えるのが一尺八寸山峰①一尺八寸山峰②一尺八寸山峰③

今月18日から一尺八寸山(みようやま)付近の山中で行方がわからなくなっている北九州市の81歳の女性は依然として見つかっておらない。23日に日田警察署から捜索協力依頼があり、地元東有田地区、西有田地区自治会で協議した結果、24日と25日に行方不明者の捜索に協力することになり、地区住民に協力依頼を行なっている。

行方がわからなくなっているのは北九州市小倉南区の伊織貴久代さん(81)です。警察によりますと伊織さんは今月18日、84歳の夫とドライブで日田市付近を訪れましたが、山の中で車がぬかるみにはまって動けなくなったということです。夫は足腰が弱い伊織さんを車に残して徒歩やタクシーで1人で日田警察署に向かい助けを求めましたが、車への戻り方がわからなくなったということです。

このため警察や消防が捜索した結果、2人が乗っていた車は、翌日、日田市と中津市の境にある一尺八寸山の山中で見つかりましたが、伊織さんはいまも見つかっていません。警察は捜索範囲を山のふもと付近にまで広げて30人態勢で捜索を続けるとともに一尺八寸山の地元である東西有田地区の住民に協力を呼び掛けて来た。伊織さんの顔写真が入ったチラシを配布し、情報提供を呼びかけている。伊織さんは▼身長が1メートル57センチくらい、▼中肉で腰が曲がっていて、▼白髪交じりのショートヘアだということです。情報は日田警察署まで連絡して欲しいと言っている。電話番号は0973-23-2131

出初式 消防団組織に苦言

出初式27.1.18出初式放水点検27.1.18 ③出初式放水点検27.1.18 ④出初式放水点検27.1.18 ⑤出初式放水点検27.1.18 ⑥

 

日田市消防団出初式が開催された。午前8時半から市内40分団約700名が参加した。陸上競技場で開催され、服装、操法点検などがあり、午前11時から三隈川旅館街沿いで放水点検、その後、パトリア日田で表彰式が行なわれた。夜は分団ごとに懇親会が市内のホテルで開催された。東有田分団も懇親会があり、9自治会長も参加する。若い消防団員と懇親する。礼儀正しく消防団員としての自覚もあり、頼もしく感じる。

しかしながら陸上競技場で開催された出初式を見学している市民が雑談を言っていた。「何で旧郡部は今だ分団があれだけあるの?あれだけ消防車両が必要なのか?市長は経費削減と言っているが何も手をつけない。旧郡部は団員数も定数に満たしていないと聞くが・・・」不満だらけを見学しながら述べている姿が印象的でした。

「早く統廃合を進めるべきではないか」と統廃合に取り組まない市長初め消防幹部に対する非難・苦言があった。方面制度も旧郡部は二つあれば済むと言っていた。合併して約10年になる今日、こうした課題が全く議会でも出ないし、執行部からの話もないのは可笑しいと市民は厳しい指摘をされていた。