心つないだ時代行列 日田への思いさらに強く

新婚夫婦や婚約中のカップルが西国筋郡代の夫婦役になって日田市豆田町周辺を歩く「日田天領まつり」の時代行列。今年は婚約中の金森悠司さん(26)=同市=が郡代役、倉原枝里子さん(25)=大分市=が奥方役を務める。2年前、同じ役になった先輩夫婦の姿を見て結婚に憧れるようになったという。このイベントが2人をつなぐ“キューピッド”となった。

2人とも県職員。金森さんは2012年から日田市で勤務。倉原さんも今年3月まで同じ職場だったが現在は県庁で働いている。互いに大分市出身だが、豆田町で結納をし、その足で町民にあいさつ回りをするほど日田への思いは強い。結婚は倉原さんが2013年の時代行列で腰元役で出演したのがきっかけ。郡代、奥方役は同じ職場で働いていた先輩夫婦だった。それぞれの家族や地域住民から祝福される2人の姿が「輝いて見えた」という。それまで「独身のまま生きていこう」と思っていたが「こんな夫婦になりたい」と結婚願望が強まった。金森さんも先輩夫婦の仲むつまじい様子に憧れていたという。
当時、2人は会話を交わす程度の仲だったが、その後に付き合うようになり、今年10月に婚約。来年1月に式を挙げる予定。金森さんはいずれ異動するため「今年しかないチャンス」と応募した。金森さんは「日田を背負って歩くことになる。私たちも憧れる夫婦に見られるように振る舞いたい」。倉原さんは「先輩夫婦からバトンを手渡された気分。世話になった人に感謝の気持ちを込めて歩きたい」とイベントを待ちわびている。 
 × × × 
時代行列は「第36回日田天領まつり」のメーン行事で15日午前10時半から。雨天中止。総勢約150人が行列をつくる。市長が郡代役を務めていたが、11年から市民参加の祭りにしようと新婚夫婦や婚約中のカップルが対象となった。イベントの問い合わせは市観光課(TEL0973・22・8210)へ。※この記事は、11月13日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。

企画展:硯の逸品一堂に 咸宜園教育研究センター

毎日新聞報道によると・・・・『企画展:硯の逸品一堂に 日本遺産認定記念「史跡・咸宜園跡」 30日まで、日田市咸宜園教育研究センター』  「史跡・咸宜園跡」の日本遺産認定を記念する企画展「文人の至宝〜学芸と硯(すずり)の世界」が、日田市淡窓の市咸宜園教育研究センターで開かれている。広瀬淡窓が愛用した硯だけでなく、同じ認定自治体の水戸市・水戸彰考館跡、栃木県足利市・足利学校跡、岡山県備前市・旧閑谷学校から出土した文人や偉人らの逸品が、九州で初めて一堂に会している。30日まで(水曜休館)。入場無料。

 

◇“門外不出”並ぶ

2003年度まで16年間にわたる咸宜園跡の発掘調査で、門下生の名前や出身地の銘が入った赤間硯(山口産)8点と破片多数が出土した。日本遺産認定を機に、世界文化遺産登録を目指す4市の硯を展示しようと、同センターの吉田博嗣・副主幹(48)が各方面を駆け回り、“門外不出”の逸品、名品を含む企画展が実現した。

 

◇淡窓らの愛用品

日田では咸宜園跡の出土品や、淡窓と久兵衛兄弟の装飾・彫り込みを施した赤間硯55点のほか、筆洗、筆入、筆橋なども。久兵衛の道具箱は実業家らしく硯、墨、和紙、水滴、そろばんがワンセットになっている。水戸、足利の品も同様に名品ぞろいだ。中でも必見なのは、戦国大名の毛利輝元が晩年に使っていた赤間硯(毛利博物館所蔵)や八角形赤間硯(長府博物館所蔵)。裏側に「天下一」と彫られ、名工・大森土佐守の作と分かる。淡窓と交流した画家の田能村竹田の硯や、備前・熊沢蕃山の硯箱、長州・大村益次郎の硯屏も興味深いところだ。

 

◇硯の変遷たどる

吉田副主幹は「戦国期から江戸期、明治期の赤間硯を中心に、硯の変遷と歴史をたどれる貴重な機会になるのでは」と話している。

 

おおやま夢工房:三セク、完全民営化へ最終協議 日田市とJR九州が合意 

 

毎日新聞報道によると・・・・『日田市とJR九州は9日、同市大山町で産業娯楽総合施設を運営する市の第三セクター「株式会社おおやま夢工房」の完全民営化へ向け、最終協議することで合意した。関係者によると、市が所有する全株式2600株をJRに有償譲渡し、JRグループの傘下に入る方向で詰める。

 

おおやま夢工房は1998年に設立し、市が資本金の72%に当たる1億3000万円を出資。2002年からひびきの郷(さと)(梅酒リキュール工房、温泉、宿泊)、04年末から道の駅水辺の郷(農産物直販やレストランなど)を開業した。だが12年度に3896万円の赤字となるなど累積赤字4849万円を抱え、経営再建を目指して県内企業やJRと協議。建物改修費などを巡り難航したためいったん結論を見送ったが、今春にJRと協議を再開していた。

 

市の株式譲渡のほか▽土地は市所有のまま夢工房に賃貸し、建物は無償譲渡▽民営化に伴う1000万円超の固定資産税は市が相当額を支援▽従業員67人は雇用継続−−の方向で最終協議。まとまれば12月市議会に提案する。

大山町で梅干し全国コンクール大会

 

「第7回家庭でつくる全国梅干コンクール」(大分大山町農協主催)の表彰式が8日、日田市大山町の「木の花ガルテン」梅蔵であった。全国から応募のあった1302点(過去最多数)の中から選ばれた出品者13人・1団体を表彰した。梅干し作りの技術の高さを競い、梅の産地・大山町を全国にPRしようと1991年から4年に1回開催。上位入賞作品の梅干しは上質なワインのようにクラシック音楽の流れる梅蔵で保存されている。

表彰式には受賞者や関係者約80人が出席。矢羽田正豪組合長らが「全国から多数の応募があり感謝している」とあいさつ。最優秀賞に輝いた同町の岡部直子さん(63)らに賞状を手渡した。審査委員特別賞として、共に出品者最高齢(94歳)の平田シツカさん(福岡県うきは市)と平島正規さん(同県八女市)、最年少(5、6歳)の日田ルーテルこども園の代表園児らも表彰した。出品した5品の梅干しの他、梅の特徴や作り方をまとめた資料も一緒に提出した東京都の島崎基予子さん(46)に特別賞を贈った。

岡部さんは「いろんな先輩方に教わりながら、家族みんなで漬けた梅干しが選ばれてうれしい。受賞を励みにみんなで健康に笑顔で暮らしたい」と話した。 ※この記事は、11月9日大分合同新聞に掲載されています。

市政功労者:祇園人形の衣装作り60年 88歳の長嶋さん

 

毎日新聞報道によると・・・・「日田祇園祭の豪華な山鉾(やまぼこ)9基などを彩る祇園人形の衣装作りや着付けを約60年務めている同市隈、長嶋タネヨさん(88)を、日田市が「文化の日」の11月3日に市政功労者として表彰する。夫の作造さんは、3年前に88歳で亡くなった日田祇園人形師。家業を継いだ次男静雄さん(60)まで3代の人形師とともに歩み、日田の夏の風物詩を陰から支えた長嶋さんは、表彰を夫の遺影に報告した。

等身大の人形約30体の多くは毎年新調し、題材も変わる。タネヨさんは1954年に先々代・清さんの下で衣装を担当して以来、今も現役だ。保存している着物の仕立て直しや時代考証とともに、「主役と脇役の衣装のデザイン、色合いのバランスに一番気をつかいます」と話しつつ、「若い頃から慣れた仕事ですから」と笑顔を浮かべた。

日田祇園祭は国の重要無形民俗文化財で、起源は約500年前。1714年から今のような山鉾を奉納し、江戸幕府の西国筋郡代の権威と豪商の財力を背景に、隆盛を極めた。その主役の一つが、歌舞伎や人形浄瑠璃を題材にした祇園人形だ。タネヨさんは、伝統文化の継承に貢献したとして表彰が決まった。

日田祇園山鉾振興会の後藤稔夫会長(92)は「祇園祭になくてはならない存在で、(表彰は)むしろ遅すぎたくらい。いつまでも元気に続けてほしい」と喜ぶ。長嶋さんは3日にパトリア日田である表彰式に、天領まつりやひなまつりに尽力した石丸邦夫・前市観光協会会長(71)ら他の表彰者9人とともに出席する。

18歳選挙権へ「主権者教育」の授業 日田高生徒が模擬選挙

来年夏の参院選で実現する「18歳選挙権」をにらみ、選挙制度を学び模擬選挙などを実施する「主権者教育」の公開授業が29日、日田市の日田高校であった。県高校教育研究会の活動の一環で、参加した教員らは授業を踏まえて主権者教育の在り方や政治的中立性をめぐって意見を交わした。

授業は2年生の政治・経済科目の時間で行われ、公民を担当する高校教員らが参観した。選挙制度や投票率の推移を振り返った後、「参院選日田高選出議員選挙」を想定した模擬選挙をした。県選挙管理委員会の職員も立ち会った。生徒3人が候補者に扮(ふん)し「選挙公報」を掲げ「市民討論会」や「候補者演説」で主張を訴えた。候補者の一人となった宇野正崇さん(16)は「模擬選挙を通じて日本の課題が分かった。自分たちの投票に向けて実感も湧いた」と話した。

授業を担当した賀来宏基教諭によると、政治的中立性を考えて、授業の資料には実際の政党のマニフェストなどを避けたり、具体的な政策に関する生徒の質問には両論で答えるといった工夫をした。「モデルケースがない中、生徒が主体的に考える」授業を準備したという。

県教委は、11月以降に生徒へ配布される主権者教育の副教材や、高校生の政治活動に関する国の通知を踏まえ、県内の主権者教育の指針を出す予定。授業後の教員らによる反省会では「一番の議論は政治的中立性の確保だ」「これまでの政治・経済で教えていた内容とこれからの『主権者教育』はどこが違うのか」「指針や詳しいガイダンスがほしい」などの声も上がった。   ※この記事は、大分合同新聞に掲載されています。

自治会に寄付 あやめ会館から

あやめ会館①img_info

今年5月31日に落成式があり、営業を開始していた斎場『あやめ会館』の後藤社長が自宅に突然訪問があった。最初は意味が分からなかったが、話をしている中で、貴町内の住民があやめ会館を利用して貰ったので、その自治会に寄付させてもらいますとのこと。実は3日前に諸留町住民の葬式があやめ会館で行われ参列していた。こうしたことが初めてのことであり、有難く頂きました。

自治会としてはこうした寄付があることに感謝する。後藤社長は出身が羽田町であり、藤山町に在住し、観光バスの経営もしている。色々とアイデアを出して、バス経営も大きくなっている。天神町にあった結婚式場を買収して、斎場に作り替えるアイデアは、普通の方では出来ない発想であり、頭の下がる思いです。こうしたアイデアを出すことで、三花方面、有田方面の方々の利用が増えることも確実。口コミで広がることも事実であろう。

井戸端会議 長年続く・・・

月出町井戸端会議27.9.20①月出町井戸端会議27.9.20②月出町井戸端会議27.9.20③手作り 月出町井戸端会議27.9.20④月出町井戸端会議27.9.20⑤

月出町まちづくり委員会主催で「井戸端会議」が毎月20日に開催されている。月出山小学校が有田小学校に統廃合され、その跡地に「多目的交流館」が作られた。新しく出来た施設を有効に使うために、住民が一堂に集まり「井戸端会議」という名称で発足した。住民が一堂に気楽に集まり懇談したり、人の話を聞いたり、他地区から講師を招いて話を聞いたり、色々な集まりを重ねている。

毎月20日と決められていることもあり、高齢者中心でも50人近い住民が集まっている。午前10時から午後1時頃までの時間帯で行われている。正午からは食事会。地元女性部10人ぐらいの方々が地元で出来た農産物中心に料理されている。ここ8年ぐらい毎月20日に開催されている。

月出町は世帯数50世帯ぐらいですが、町内のまとまり、団結力は抜群のものがあり、他の町内から一目置かれている。今日はここ数年毎年来てもらっている楽団の演奏会があった。殆どが大分市や別府市に在住して年齢も65歳以上の10名の方々。素晴らしい演奏と地元カラオケグループの歌声。しばし静かに聞き入った。月出町のような隣同士の触れ合い、班ごとの触れ合い、町内のまとまりなど住民自治の基本的な町内でもある。

日田市内に9軒目の斎場完成

看板斎場①斎場②森脇社長と奥様藤蔭高校吹奏楽部

日田市内に9軒目の斎場がオープンした。今日午前11時から関係者約100名が招待され、落成式があった。済生会日田病院付近にあった、チャーム花月葬祭㈱が上城内町に移転し、葬斎場を完成させた。200人規模の大ホールと家族葬でも使える小ホールがある。落成式には藤蔭高校吹奏楽部の生徒もお祝いに駆け付けて華を添えた。場所は日田高校前の道路を城内新町方面に向かい、陸上競技場に行く道路の付近にある。

証券権利譲渡で700万円被害

詐欺イラスト①詐欺イラスト③

日田市内の無職の70代女性が「老人介護施設の証券の権利を譲る」名目で700万円をだまし取られたと発表した。同署によると、6月に「三井住友の社員」を名乗る男から「日田市に建設予定の老人介護施設の証券を購入する権利がある。必要なければ譲ってほしい。譲る際、相手に先に1000万円を払わなければならない」と電話があった。女性が断ると、弁護士を名乗る男から「支払う義務がある。お金は後で返還する」と電話があった。

女性は7月14日から8月12日にかけ、指定された関東地方の別の住所に宅配便などで4回、計800万円を送付。しかし8月中旬に男と連絡がつかなくなり、最後に送った100万円は宛先の「長期不在」で戻ってきたため、31日に市職員とともに同署に相談した。

あらゆる手段で「詐欺」を狙っている悪意な方がいる。色々な電話があった時、必ず誰かに相談することです。「詐欺ではないだろうか?」と必ず思い、行動せず、誰かに必ず相談するようにしましょう。だまされないようにしましょう。