県小学生バドミントン選手権大会が・・・

第32回大分県小学生バドミントン選手権大会が25日~26日にかけて日田市総合体育館で開催された。例年であれば全九州小学生バドミントン大会への出場選考会も兼ねていたが、今年は9月15日に杵築市でその部分だけの大会が開かれることになった。今日からの大会では一人がシングルス、ダブルスにも出場できるが、杵築市での大会は1種目だけしか出場できなくなった。

県下各地から300人を超す小学生が集まり大会を盛り上げた。開会式で県バドミントン協会長代理として私が挨拶した。『今日の大会は九州大会への出場を選ぶ大会と自分の実力を試す場所になると思う。今までの練習の成果を十分に発揮して欲しい。水分を十分に取り、熱中症には気を付けて頑張ってほしい』と挨拶。私が挨拶している時の一人ひとりの子ども達の目は生きていた。

総合体育館だけの試合では消化できないので、今日だけは中城体育館も使用しての大会になった。体育館は蒸し暑い中、子ども達の熱戦でさらに熱気があった。