あと少し、何事もないことを祈る!!

今回の豪雨で県道日田玖珠線日の本町横畑地区で橋が崩壊する可能性があるために、全面通行止めになって10日目を迎えた。県道の先には岩美町地区があり、60世帯250人が住んでいる。通行止めされている橋の横に応急措置として仮橋を設置する準備をしている。工事をしている業者関係者に聞くと、後1週間は掛かるであろうと話してくれた。

一番心配していることは、急病、火事などの緊急を要することが発生しないことを祈っている。財津自治会長など町内の有志が通行止めになっている所まで送り迎えをするために常時待機している。自治会長に言わせると限度が来ているとも言っている。東有田振興協議会で迂回路の確保も重要として、一つに上諸留町片峰集落から林道を通り、岩美町入美集落に抜けるルートがあるということで、その道を昨日通って検証した。

もう一つは玖珠町野平集落を通り、東羽田町高花地区に抜ける道もある。現在、高花地区は災害復旧工事で昼間は通行止めになる。そのため、野平集落から姫椿牧場の横を通り、旧羽田小学校横に抜ける道であれば、時間は掛かるが通ることが出来る。後1週間何事も起きらないことを祈るだけである。夕方、用事があるために小野地区ことといの里まで行ったが、小野地区も相当の被害が出ている。さらに、竹田市、阿蘇市でも「いままでに経験したことがないような大雨が降る」との言葉で報道されていたが、そのとおりの大被害が出ている。早く梅雨が終わることを願っている。