議員のあるべき姿は・・・

議場①

今年は全国の自治体で選挙があります。我が日田市でも知事選、県議選、市議選、市長選と続けて選挙があります。その中で市議選は予想で新人が大量に立候補するようです。4年前は8人の新人議員が誕生し、4年間新人議員として議員活動しています。新人候補に投票した市民は特にその議員の活躍ぶりを見守って来たと思います。1年生にしては立派でしたとかまあまあでしたという市民もいます。反面、裏切られたとか議員としての質が問われるなどの声も聞く。そこで議員のあるべき姿とはどのようなものか、私なりに述べてみます・・・・・

『議員は市民の代表者である。それは、住民が考えていること、思い願っていることのすべてを代表すると言うことである。大きく叫び、強く訴える組織やバックを持った市民の声は容易に把握できるが、地域社会の片隅にいる弱者の声、組織を持たない住民の小さい声、特に声なき声やため息は聞き取りにくい。市民と行政との橋渡しをすべき議員は、そうした大きな声、小さな声、声なき声、ため息すべての声を把握してこれを代表し、住民の心情をつかんでその心で物事を考えることが大事であると考えられる。

次に、議員は「勇気と奮起が必要である」。議員は、日田市政における政治家である。政治家とは、常に地域の現状と問題点を考え、将来のあり方をふまえて市民を説得する立場もあります。市民を説得するには、それなりの識見と信念を持つことが要求され、これを行政に、また、住民に訴えて説得しなければならないと考えています。そのために、議員に強く要求されるのが、「勇気」と「奮起」である。議員として一番大事なことは何か」と質問したところ、即座に「それは、勇気である」と答えた議員もいる。勇気なくしては、思い切って発言出来ないし、行政や住民に訴えて説得し指導することはできないというのである。市議会議員として、さらに勇気を出し、さらに奮起して職責を全うしたいものである。