日田5位好発進 県内一周大分合同駅伝〈第1日〉

昨年の大分合同駅伝大会26.2.19田吹隆一さん

 

春季県体・第57回県内一周大分合同駅伝競走大会が始まった。第1日は23日、大分市の大分合同新聞社前をスタートし、佐伯市役所前にフィニッシュする8区間、73・7キロであった。初日は5連覇中の大分が、2区以降でトップを独走し、2位に7分以上の差をつけて日間首位を獲得した。別府は前半の流れにも乗り2位で、臼杵は地元入りで区間賞を獲得するなどし、3位でフィニッシュした。A部の豊後大野は7位、佐伯は8位と苦しいスタートになった。

B部は2区で順位を一気に上げた日田が、日間5位に入った。竹田は6位と好位置につけ、シニア区間を制した玖珠が9位で続いた。豊後高田は後半に巻き返して10位、国東・東国東が11位、エース級選手の離脱に苦しむ宇佐は14位で初日を終えた。C部では中津が快走。前回大会初日のタイムから約8分の短縮に成功し、4位と好発進した。同じく健闘した由布が12位、速見が13位と踏ん張った。花の1区を制した杵築は15位に後退し、津久見は16位と低迷した。

*日田市の日間記録 4時間03秒00秒 5位  *日田市の区間成績 ①区 重藤幸子14分02秒 区間12位、②区 田吹隆一34分59秒区間賞 ③区 川原幸治35分48秒 区間8位、④区 三苫天義38分24秒 区間5位努力賞、⑤区 高瀬祐輝34分52秒 区間7位、⑥区衛藤勇喜28分53秒 区間6位、⑦区 伊藤竜一20分49秒 区間7位、⑧区 米本和馬35分13秒 区間2位努力賞     ※この記事は、2月24日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。