9日ぶりのブログ書き込み!!

2日に市長選に臨む自分の意思表示をして、9日ぶりのブログ書き込みを始めた。一方だけの候補の選挙活動だけを載せることに少し抵抗があったので控えていました。なりゆきの中で役職を頂いたこともありブログ書き込みを控えていました。一週間の選挙戦で色々な出来事、私の思ったことなどを振り返りをしてみます。
まず、原田啓介氏が立候補を表明して3週間、よくも市長選で佐藤候補に1695票差で勝ったと思っている。出遅れの上、支持組織も全くなく、勝手連的支持で輪を広げた結果であろう。私は今までこうした選挙活動をしたこともなく、初めての経験でしたので期間中時々悩むこともあった。告示されて出陣式でも200人近く、佐藤候補は1200人近く集まったとのこと。相手の動員などを考えると選挙にはならない。毎晩開いた個人演説会も支部がないために、事務所に加勢して貰っているボランテァ達に応援してもらって、会場設営、司会なども行ってきた。こうしたボランテァも日にちが経つにつれ、段々多くなってきた。
6日のパトリア日田大ホールで開いた総決起集会に支援者600人が結集したことが、原田陣営に火が付き始めたように感じた。残り3日間で遊説隊の朝立ち、候補が車に乗らずに市内を駆け回ったこと、随行者も一緒になって市民に訴えたことなどで市民の反応が表に出始めたようです。私はこの時点から地下のマグマが動き出し、山全体が動き始めたと感じている。最終日も候補車が中心部に近い団地やスーパーの前に何度も行っては街頭から市民に訴える行動に変更して、その輪を広げた。