地域の“名人”初授業 東有田公民館「人財バンク」

東有田中学校① (2)東有田中学校②

今朝の大分合同新聞報道に・・・・・『日田市東有田公民館(松尾俊明館長)の「人財バンク」登録者による初の出前講座が、東有田中学校(後藤佳代校長、45人)であった。地区内岩美町に住む宿利博幸さん(62)が全校生徒に絵手紙を指導した。人財バンク事業は、さまざまな分野で抜きんでた技を身に付けた住民を地域の誇りとして登録。学校や公民館などで講師を務めてもらい、後世に技術を伝えることを目的にしている。2013年5月にスタートした。これまでに芸術、手芸、民芸、スポーツなど7分野17人を登録している。

初講座で学校を訪れたのは、宿利さんと松尾館長ら。講師の宿利さんは長年、趣味で絵画製作を続けている。後藤校長が「メールなど便利な技術により手紙は少なくなった。一言添えて心のこもった作品を仕上げてください」とあいさつ。宿利さんは「全ての物体は丸、三角、四角、円すいの四つの形でできている」「美しく描こうとしない」など、黒板に絵を描きながら絵手紙のコツを伝授した。

生徒はそれぞれが持ち寄ったニンジン、ナス、スイカ、ピーマン、トマトなどの野菜を、宿利さんの指導を受けながらはがきに描いた。近くの老人福祉施設入所者に送るため、「お元気で」「体を大切に」などのメッセージを添えた。3年の寺村武君(14)は「絵は下手だけど、宿利さんの指導は分かりやすく、いい感じに描けた」と感想。松尾館長は「今後も小中学校で人財バンクをぜひ活用してもらいたい」と話した。 ※この記事は、7月16日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。