市職員が市議選立候補?

市役所26.5.1

風の噂でビックリする話が飛び込んだ。市職員が「来年の市議選に立候補する」と暴言している職員がいると話が舞い込んだ。最初は嘘でしょうと思ったが、まんざら嘘ではないらしい。しかし、現職公務員が政治家に立候補を予告していることに疑問を感じる。地方公務員法や公職選挙法に違反はしていないようだが、道義的に問題があるのではないか。まして、職場の中で公言すること自体、問題は大いにあると思える。もし、来年市議選に立候補したいのなら、すぐにも退職した方が有権者に好感を持たれると思える。

私も市職員を途中退職して、市議選に立候補したこともあり、その気持ちは分かるが、30年前と今では市民の受け方が違っているので、非難を受けない前に行動すべき。やる気十分の職員がいることに期待はしたいが、現職市職員で在籍して、肩書きもあり、誘導することなど一言でも問題発言がないことを念じている。今後、注目される人物にランクインされた。