人生区切りの年になった・・・

今日で64歳になった。7期28年間続けた市議も区切りを付けた。私にとっては大きな区切りの年になった。市議の任期が終わって3ケ月が過ぎた。毎日忙しい日々を送った。この3ケ月の間に市長選もあった。当初の目的も達成できた。これからも一市民として地域、日田活性化のために少しでも貢献したい。特に平島地区では班長、地区長もしているのでその仕事も多い。いままでしていなかったのでやりがいもある。地区内の道路舗装、公民館改修、地区の規約改正、地区内の危機管理体制づくりなど手掛けて来た。
まだまだやることは多い。さらに、少し広げてみると東有田地区は市内でも高齢化率が高い。それだけ若者が少ないことになる。東有田地区は須ノ原果樹団地整備、ほ場整備も数年前に完成している。しかしながら営農関係は遅れている。営農集団法人化に向けて取り組む時期が来ているように感じる。地区内の有志と話しながらその取り組み実現に進めている。最近、ほ場整備をやって営農法人化をしている求来里地区、小野地区などを参考にして取り組みたいと思っている。
父母は85歳を過ぎたが、意外と元気で毎日過ごしている。グランドゴルフに時々行ったりしている。昔の元気の良かった時ほどないが、年の割には元気である。農作業は全くしない。今年の古代米は6種類を昨年より多めに植え込んでいる。順調に育って早い品種は穂が出始めている。毎年この時期からスズメと戦争が始まる。64歳の誕生日を迎えたが、今までと変わりなく毎日を過ごしていきます。ブログも出来る限り、載せ込んで行きたいと思っていますが、議員をしている時ほどの情報源が少ないことも事実である。一市民としての考え方を中心に書き込んで行きますので、時々は覗き込んで頂きたいと思っています。