県オンブズマンが公開質問状提出

空き缶

毎日新聞報道によると・・・・「日田リサイクル施設:未稼働問題 手続きに不明点、日田市長にオンブズ質問書 / 日田市内の社会福祉法人が4年前に国庫補助金約2000万円で購入した空き缶などのリサイクル施設が今も稼働していない「無駄遣い」問題で、永井敬三・おおいた市民オンブズマンは29日、「補助金交付決定にいたる事務手続きでいくつか不明な点がある」として市長宛ての公開質問書(7項目)を提出。6月6日までの文書回答を求めた。

市・県からは既に情報公開制度に基づく資料を得たが、空き缶供給などを巡り市と法人の主張が食い違っている。オンブズは(1)県の補助金交付決定後に市の意見書が差し替えられている(2)概算損益計画書に空き缶など原料の「売上原価」欄がない−−などと指摘している。

一方、2013年度一般廃棄物収集運搬は、3社の随意契約(計5億867万円)。「同規模の自治体と比べ高すぎる」として随意契約が長年続く理由も尋ねた。