街のウワサ・・・?来年の選挙

市街地3県議3年前の市長選 原田氏3年前の佐藤氏

来年の県議選・市議選・市長選で各方面で色々と情報が飛び回っている。まず、県議選は入れ替わりはあるが、無投票の可能性が大と言う。自民党井上伸史氏は再出馬の予定で後援会組織の立て直しに余念がない。万全の組織体制に向けている。しかしながら、回期が長くなったので少し飽かれている部分が気に掛かる。社民党の酒井喜親氏は組織内で交代論が起こっているとか。現職市議との交代が噂されている。現副議長の桜木博氏は勇退するという噂がもっぱら。年齢的、健康面で再出馬するか検討されているようです。しかし、今日の姿を拝見する健康そのままであるが・・・。新人では市議の二人が予想される。一人は井上明夫氏、県議選出馬に向けて後援会拡大の準備をしている。もう一人は羽野武男氏、もし、酒井氏が勇退になれば羽野氏の名前が取り出されている。

市議選は定数が2名削減されれば激戦も予想される。勇退組と新人が何人出馬するかで変わってくる。70歳を越した市議が勇退の可能性が高い。会期の長い市議も引退を考えているようだ。新人では前回落選した候補が、今回は地区内に組織を立ち上げ、万全の体制づくりをしている。さらに、数人の立候補の可能性を探っている。小野地区で3人目の市議候補が取り出されているので激戦地区になりつつある。

市長選も平穏には終わらない状態になりつつある。前回落選した佐藤氏が立候補の意向をしたとも噂が流れている。市内有力者に立候補の意向を言ったとか。前回、当選は間違いないと言われている中で落選し、選挙の難しさを十分に知ったことで今回は万全を期すとの噂も。中学同級生の強い要請もあり、再出馬に向けて検討されているようだ。現職原田氏も当然立候補するでしょう。3年間の市政の舵取り成果の判断、市政運営の評価、中心市街地賑わい事業の評価なとが焦点になるであろう。市民の中にはこれ以上箱モノ建設はいらないという市民が多い。3年前、ボランテァで原田陣営の応援した一部市民が冷ややかな姿勢になっていることも気掛かりなこと。ともあれ、市長選は実施されることは間違いない。