真夏の水郷 全国一の暑さ

水遊び

大分合同新聞報道によると・・・大分県内は11日、移動性高気圧に覆われておおむね晴れ、各地で気温が上昇した。日田では強い日差しの影響を受けて、最高気温がこの日の全国1位となる30・9度(平年25・3度)を観測し、県内で今年初の真夏日となった。

日田市は7月上旬並みの暑さとなり、同市中央の市中央公園で開かれていたイベント「日田いち」では、親子連れらがかき氷やラムネを買い求めたり、水遊びなどで涼をとった。家族と一緒に訪れていた日田市渡里の主婦、岡林恵里子さん(37)は「まだ5月なのに日差しが強く、もう夏ですね。長い夏をどう乗り切るか、対策と準備を始めなければ」と話していた。

大分地方気象台によると、県内15観測地点のうち7地点で気温25度以上の夏日となった。各地の最高気温は▽院内 27・4度(平年23・5度)▽玖珠 27・3度(同24・0度)▽大分 26・7度(同23・1度)―など。12日は前線や湿った空気の影響で各地ともおおむね雨となり、最高気温も平年並みの見込み。