風邪が悪い中、農作業・会議が続く・・・

調整池から流れ出す水26.5.1日掛け水路と交わる所・26.5.1

風邪が悪い中、今日は籾種を入れる箱に土を入れる作業を一日する。今年は「古代米」関係は一週間遅らして一連の作業をする予定。そこで、今日は「ひのひかり」苗箱土入れ作業です。今年より土は農協でなく、玖珠の業者の土に変えました。営農組合で諸留・上諸留営農関係農家が700個使用されている。自分の自宅は85枚、営農関係85枚、合計170枚の箱に土を入れていく。一連の作業を夕方まで掛けて終わらせる。私の自宅は40袋確保し、1袋から6箱分が取れる計算になっている。

昨夜は営農関係の役員会、今夜は振興協議会代表委員会があり、明日夜は東有田地区の市長との懇談会がある。開会挨拶を地元自治会長理事が行なうと連絡があったが、何故、しなければならないのか疑問に感じている。会の主催はあくまでも市であり、自治会は何も関係ないはず。何処で決まったのか、連合会に連絡するが・・・馴れ合いではいけない。厳しく追求する内容もあるので・・・・

明後日はウッドコンビナート内の調整池の水を農業用水に使用する問題で耕作関係者と市との話し合いがある。毎年毎年、この問題は続いているが、何処で解決させるのか頭の痛い課題である。2期計画断念に伴う予算は1億8千万円ぐらい予算計上されているが、1期計画で地元との覚え書きを遂行しない市に対し、怒りを感じるのは私一人ではないことを分かってくるはず。