自治会連合会理事会で・・・

日田市街地26.4.25三隈川26.4.25

自治会連合会理事会が開催された。新しくなった新理事が6人を含めて24名の理事が出席し、5月28日開催予定の総会の議案審議を中心に行なわれた。この理事構成に市中心部地区理事から疑問の声も聞こえた。天瀬理事3人、大山理事2人に対する疑問です。旧日田市地区理事は人口・世帯数が多い所でも理事1名しか選出していない。合併当時からこの構成になって10年、ここらで変更する時期が来ているようだ。何処かの理事会で改善を求める予定。

会議では25年度経過報告の中で、理事会でまとめて全自治会の同意のもとに提出された「日田市議会定数等に関する要望書」に対し一部議員より「異議を唱える議員がいる」と指摘する。論議があり、議会の結論を見て、さらに強い態度で臨むことを確認する。新役員選考で留任と言う声と選考委員会を設置して選考するとの意見があった。その裏を見ると役員構成にバランスが取れていないという声があり、来期以降はブロックからの選出でなく、全地域を見て選考することも確認された。旧郡部の役員が多過ぎることに対する不満のようです。新年度の新役員は全部留任と内定なった。

市中心部では自治会に加入していない住民も多く、その対策に頭を抱えているようだ。特にアパートが多く存在する町内などである。強制力もなく、任意の加入のため相当数の未加入世帯もあるとのこと。意見交換もあり、その対策を今後も継続して探ることも確認された。

会議終了後、新旧理事を交えて懇親会が開催され、招待された原田市長より一連の不祥事に対し陳謝があった。「5月1日に市役所内部で再発防止検討委員会を立ち上げて1ヶ月以内でまとめて職員に周知徹底していきます」と挨拶。何処までできるのか見守ることになった。