決勝戦は別府市と・・・

県内3枠の日田市と別府市で決勝戦が行われた。男子ダブルスは余裕の中2対0で圧勝した。女子ダブルスは宗野安純・吉田望組で臨んだが、2対0で敗退した。別府市の女子ダブルスには昨年まで日田市チームで出場していた柳里奈さんがいた。男子40歳代ダブルスも圧勝し、女子40歳代ダブルスが頑張って勝った。男女ミックスは別府市が勝ち、この時点で3対2で日田市有利の中、試合は進んだ。男子シングルス、女子シングルスに優勝の行方がかかった。
男子シングルスには松田卓也君、女子シングルスには春武美穂さんがエントリされていた。まず、女子シングルスの試合から進んだ。春武選手は年齢的にも30歳半ばになるので体力的にもきつい面もあったが、最後までシャトルを追い掛けた。一進一退の中で試合は続いて春武選手が2対0で圧勝した。この時点で日田市の優勝が決まった。男子シングルスの試合も遅れて試合が進んでいたが、有利の中で進んでいた。