ブログで部下中傷 玖珠町係長を無期限謹慎!!

大分合同新聞報道によると『玖珠町の40代の男性職員(係長)が、インターネット上のブログ(現在は閉鎖)に職場の部下を中傷したり、人事異動の内容を発表前に書き込んだとして、町は男性を無期限謹慎処分にしていることが13日、関係者への取材で分かった。町の調査に対して男性は事実関係を認めており、町は謹慎処分にするとともに総務課付に異動(12日付)させ、「ブログの内容を精査して近日中に正式な処分を決める」としている。
「人事異動情報も漏らす」町によると、男性は約1年前からパソコン向けゲームサイト内でブログを始めた。その中で担当部署のほとんどの職員の名前を記し、休みの日程や勤務態度を書き込んで部下を中傷。女性職員に対してはセクシュアルハラスメントに当たる記述もあったという。部署内の人事異動を公表前に記述したり、職務に関するメールを公開。町施設を利用した子どもの写真を撮影し、目から上だけを隠して無許可で掲載していた。
ブログは会員登録すれば誰でも閲覧可能。自らを「九州地方の役場の係長」と公表していたが、町内の桃太郎像や町イベントの横幕の写真を掲載するなどし、同町と特定できる内容があった。
は8月末、住民から指摘を受けて事態を把握。地方公務員法の「情報漏えい」や、町ハラスメント防止規定に抵触するとして調査している。帆足博充総務課長は「公務員としてあってはならない行為で大変遺憾。記述の内容をしっかりと確認して厳正に処分したい」としている。県内では、今年8月、大分市の男性職員がブログに知人女性を中傷する書き込みをしたとして、名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕(示談成立により不起訴処分)されている。』 =2011/09/15付 大分合同新聞朝刊=
西日本新聞では『ブログで部下中傷 玖珠町 教委係長を懲戒へ』 大分県玖珠町は14日、町教委の男性係長(46)がインターネットのゲームサイト内に設けた自分のブログで、部下の女性職員を中傷する内容の記述をしていたと発表した。地方公務員法違反(信用失墜、職務専念義務違反)や町のハラスメント防止規定に当たるとして近く懲戒処分する方針。
同町によると、係長は昨年8月ごろブログを開設。同じ係の女性職員5人全員に関し、名字は伏せながらも実の名で架空の話を書き込み、容姿を中傷するなどしていた。係長は福岡県在住と偽っていたが、玖珠町の公共施設と分かる写真が掲載されており、書き込まれた女性の名と併せ、同町教委に関する記述と特定が可能だったという。
ブログは会員登録すれば誰でも閲覧できた。8月30日に外部からの通報で判明。今月5日に係長に事情を聴くと、事実を認め「係内の面白い話を書き、読む人に元気を与えたかった」と釈明したという。ブログはすでに閉鎖されている。町は同日から自宅謹慎させ、12日付で総務課付に異動させた。帆足博充総務課長は「品位を欠くブログをインターネットに掲載し、職場の秩序を乱した。公務員として倫理観に欠ける。心よりおわびしたい」と陳謝した。=2011/09/15付 西日本新聞朝刊=
朝日新聞では『部下中傷 玖珠町教委係長処分へ』  玖珠町教委の男性係長(46)が、インターネットのブログで職場の部下を中傷していたため、町から無期限の自宅謹慎を命じられ、総務部付(12日付)に異動したことが14日、分かった。係長は事実を認めているという。町は「事実関係を詳しく調査し、近日中に厳正に処分する」と説明している。
町によると8月30日、町民から町教委に通報があって発覚。この係長は昨年8月から「福岡県人」と名乗って自宅のパソコンでブログを始め、架空の公共施設の職場を舞台にストーリーを展開していたらしい。ブログでは職場の女性職員5人を名前のみで登場させ、勤務態度などを書き込んで中傷していた。内示後だが、人事異動の内容も書き込んでいたという。
町は3月下旬から8月末までのブログから約30日分を印字して内容を確認。9月5日に事情聴取したところ本人も事実を認め、ブログは削除したという。帆足博允・町総務課長は「あってはならない行為で大変遺憾。地方公務員法、町職員ハラスメント防止規定に触れるとみており、ブログ全体を調査し、厳正に処分したい」と話している。=2011/09/15付 朝日新聞朝刊=