「あれから51年」中学校同窓会が・・・

中学同窓会26.2.8①

「あれから51年」昭和37年度東有田中学校卒業した同窓会が小松軒で午後5時から3年ぶりに開催された。髪の毛が真っ白になった方、昔の顔が想い出すまでに時間が掛った方など懐かしい同級生30名が集まった。大雪で午前中に飛行機に乗り込んだ東京都に住んでいる方や新幹線で帰って来た栃木県からの同級生もいて、有難いことでした。

昨年、不慮の事故で亡くなった同窓会長など20名に対し黙祷し、記念撮影、出席した方々より近況報告と和気あいあいの中で懇親会は進んだ。新たな同窓会長など役員の選任、来年から毎年同窓会を開催していくなどの提案もあり、皆で確認しあった。開催期日はもう少し温かくなってから開催して欲しいとの意見もあり、役員に一任することも確認された。

2時間の懇親会もすぐに時間が経ち1時間オーバー。さらに、殆どの方が2次会に参加し、昔話、家族の話、近況などに話が弾んだ。午後11時前に来年も同窓会に元気な顔で出席することを約束しながら惜しみながら散会した。同窓会はお互いの会話も気兼ねなく話もでき、楽しい時間が過ぎた。