恒例の「井上伸史県議」新年互礼会開かれる

井上伸史を励ます新年互礼会26.1.5

井上伸史県議の新年互礼会が5日午後2時からマリエールで開かれた。昨日4日は同じ場所で桜木博県議の新年互礼会が開かれている。両県議新年互礼会に市民400人近い方が出席している。参加者を見ると桜木県議互礼会には商工会議所会員を中心に旧日田市民が8割近く。一方、井上県議互礼会には商工会中心に旧郡部市民が7割近く。ひな壇に並んでいる来賓を見れば面白いことも言われている。

一部の参加者の声が聞こえて来る。「今年から県議選の前哨戦が始まるだろう。桜木県議の勇退がささやかれる中、後援者の中には後1期県議に出馬してもらいたい」との声も大きい。後は桜木県議の体次第とも言われている。井上県議は現在4期、年齢からしても後1期は大丈夫で出馬は間違いないであろう。しかしながら、厳しい選挙になることは間違いないと言われている。自民党除名問題が尾を引いている。

こうした中、新人候補も噂がある。現職市議、元市議などが出馬するのではと言われている。数人の噂はあるがもう少し時間が経てば分かるであろう。激戦は間違いないであろう。私も前回の県議選はある候補を全面的に支援し裏方の仕事を加勢をした。選挙が終わって出来たら、何か○○は貰えないかと頼んでいたがここ3年間蚊帳の外。私を必要としないと思われるので、こうなれば、新人候補が出馬すればその当選に向けて頑張るしかないとも思っている。その方の後援会陣営から遠のくことにした。