月隈公園堀に魚・・・・

調整池の魚25.11.14

ウッドコンビナート調整池で大きくなった鯉、フナなど30匹を月隈公園の掘りに入れる。以前も大きくなった魚を入れたことがあるが今回で2回目になる。本来、調整池には魚は入れないことになっているが、水の汚染などで農業用水に使えないこともあり、地元地区民で魚を入れて水の監視を行なっている。以前、その魚が大量に死んだことがあった。

油などが調整池に入りこむこともあり、農業用水としては使えないこともあり、色々な対策を練りながら調整池の改善を求めている。今回も調整池に流れ込んでいる湧水を直接取り込む工事が進められているが、到底、農業用水は足りないことは判っている。その対策のための平島集落常会が15日の夜に開催された。開発公社、林業振興課職員が来訪して説明するが、下流にある田んぼ所有者は納得していない。調整池の改善を考えるように要求。ウッドコンビナートに張り付いている業者にも改善するようにと意見もあった。