農業用水の確保が困難?

調整池25.10.25調整池25.11.10

ウッドコンビナート建設当時、農業用水のため池が2ケ所が無くなることで、下流にある農地の水確保を市との確認事項として交わされていた。しかしながら、調整池の汚濁などで問題が発生し、新たな農業用水の確保が課題となっていた。開発公社が10年前ぐらいにボーリングして水確保をしていたが、水の出具合が悪く農業用水には適していない課題が残った。

今年夏以降になって下流の平島集落と協議した結果、調整池の中に流れ込んでいる真水を取る工事をしたいとのことで了解する。その工事開始のために数日前から調整池の水を落とす。農地の地権者から「あの水量では来年以降、到底田植えも出来ない。」と不満が続出している。再度、市と協議をすることになった。ウッドコンビナートが出来たことで下流の住民に迷惑を掛けてはいけない。難しい課題でもあるので推移を見ながら解決していきたい。