仲の良い同級生が事故死!!

菊①

正午前、同級生から「財津君が作業中に事故を起し、病院で亡くなったようだ」と一報が入る。その後、数人に確認すると間違いないようだ。信じられない出来事である。午後から稲刈りをしたが、機械を使うことに気を付けなければならない。操作を間違えると大きな事故へと繋がることもある。今日の同級生の事故も作業車と木の間に挟まった事故でした。

仲の良い中学校同級生8人で「8人会」を作り、2ヶ月に一回集まりをして懇親を深めていた。その会の代表もしてもらい、同級生の同窓会長もしているリーダー的存在の方でもありました。須ノ原団地で300haの梨園を栽培し、日田市でも指折りの栽培面積を誇っている頼もしい方でもありました。お酒が一杯入ると、朗らかで日常的な冗談もあり同級生の中ではリーダの風格もありました。夜には同級生25人が集まり、一緒に悔やみに行く。家族は今でも信じられないようでした。眠っているようで今にも起きて来るようで、同級生は「皆、みっちゃん起きろ」と声を掛け、涙を誘っていた姿が心に残りました。