地区内で「秀でた人」17名が・・・

東有田公民館25.8.30

今夜、東有田公民館運営臨時委員会が開催された。案件は地区内で「秀でた人」を認定し「人財バンク」に登録する17名を審査するための会議です。その道に長く精進し、他の人よりも一歩も二歩も抜きん出ていると思われる人を「人財バンク」に登録し、今後の地域発展・活性化のために活躍してもらうために地区内で募集をしていた。その道の経験年数が10年以上の方々を各自治会から推薦してもらい、東有田公民館運営委員会の常任委員会の審査を経て、今夜の臨時総会で認定をする制度である。

各自治会から推薦してもらった18名(1名は辞退)の方々の審査を行なった。さすがにその道で優れた方々であった。分野として手芸(かずら・粘土)に3人、芸術(絵画油絵・炭アート・水彩画)に7人、民芸(しめ縄)に1人、スポーツに2名、民謡、舞踊、左官の分野であった。その分野の作品も提示され、どれをとっても優れ、11月1日号の東有田公民館だよりでお知らせし、11月17日の東有田ふるさとまつりで地区民に披露されることになった。