高規格道路早期完成を願って市民総決起大会!!

高規格道路市民総決起大会25.8.27 ①高規格道路市民総決起大会25.8.27 ②高規格道路市民総決起大会25.8.27 ③

中津市と日田市を結ぶ地域高規格道路が現在工事が進められています。しかしながら日田側である日田市から山国町の約10kmが調査区間にようやく指定を受けて、本格的な環境調査が開始されたばかりで順調な進捗とは言い難い状況である。そこで、日田側からの工事早期着手を強くアピールするために市民総決起大会がパトリア日田大ホールで開催された。

主催は商工会議所、自治会連合会などであり、市民約600名が参集した。主催者側に高山会頭、岩里会長など商工関係者、来賓側には衛藤代議士、県土木建築部長、中津市長、日田市長、県議などが並び市議は壇上下に席があり、中津市議も出席していた。開会の言葉を自治会連合会長が行い、主催者を代表して高山会頭が挨拶した。決起大会での挨拶にしては元気がなく、淡々として話していた。来賓挨拶では衛藤代議士も北部九州の高速道の状況なとを述べて盛り上がらなかった。

続いて中津日田間高規格道路促進期成会長の中津市長も早期全線開通が出来るよう予算獲得行動をすると述べた。意見発表ではサッポロビール工場長などが発表し、大会決議、頑張ろう三唱なども商工会議所青年部と婦人部が行なった。総決起大会の来賓挨拶などを聞く限り、中津市と結ぶ高規格道路が早期完成を願うが、ここ10年間で完成は無理であろうと感じる。