県体に向けて猛練習!!

昨年の県体バドミントン競技①昨年の県体バドミントン競技②昨年の県体バドミントン競技③昨年の県体バドミントン競技④昨年の県体バドミントン競技⑤

今年の県民体育大会は9月7・8日に豊肥ブロックを中心に開催される。会場確保が難しい種目は大分市や別府市でも開催される。それに先行開催もある。バドミントン競技、バレーボール競技、ラクビー競技などは8月31日~9月1日に開催される。日田市の各種目は県体出場に向けて現在猛練習している。市体育協会幹部が各種目練習会場を訪れ激励をしている。常連総合優勝をする大分市と何処で対戦するかで、その年の順位も変動する。その中でバドミントン競技や幾つかの競技では大分市に競り勝つ競技もある。

バドミントン競技は日田市が2連覇している。大分市、別府市に勝たないと優勝はない。日田市を含めた3強が競り合いをして勝ったところが優勝している。日田市はその競り合いに2年競り勝っている。男子シングルス、男子ダブルス、40歳以上ダブルス、女子シングルス、女子ダブルス、40歳以上ダブルス、混合ミックスダブルスの種目がある。7種目のうち4勝すれば勝ちになる。別府市や大分市と戦う時は最後の種目まで競り合い4対3で終わる。日田市は最後の最後で2年連続で勝っている。

今年の日田市選手を見ると男子選手は選手層が厚く、どの選手が選ばれても差はない程均衡している。矢野監督の頭の痛い選考が続いている。女子も市外より日田に戻ってきた選手も居て選手層は厚くなっている。今年は2回戦で別府市と当たる。まずここで勝ち進んで、翌日の決勝戦で大分市と戦い優勝することを望んでいる。厳しい戦いになることが予想される。来年の県民体育大会は九大ブロックで開催され、殆どの種目が日田市会場になる。このため選手強化、会場施設改善などが行なわれている。