静かなお盆でした・・・

お墓①25.8.15

地域によって異なるお盆の過し方があるが、日田地方では13日までにお墓の掃除などをして13日にご先祖様を向かえ15日の夕方、家族全員でお墓に送る。精霊送り(しょうろう様送り)と言う。お盆に戻って来ていたご先祖様を向こうの世界に送り返す儀式のようです。、15日にお墓に帰って貰うためだそうです。小さい頃からこのことだけは必ず守って墓にお参りしています。

ところで午後3時過ぎに市内のスーパーに買い物に付き合う。車が市内中心部は混雑していた。スーパーなども多くの買い物客で混雑していた。さすがに市外ナンバーも多かった。夜は私の兄弟などが一同に集まり懇談した。小さい子供たちを含めると20人近くになっていた。夜遅くまで笑いの声が響いた。

田舎では1年の中で正月とお盆は格別の日になっている。正月は年初めと言うことで区切りの日である。お盆は仏教の行事である盂蘭盆(うらぼん)が元になったもので、亡くなったご先祖様がこの期間、浄土(仏教での天国)より地上に戻ってこられます。どちらも親戚が集まったり、都会に行っている兄弟などが帰郷してにぎやかに過ごす。初盆を迎えた地区では初盆会で盆踊りなどもある。毎日暑い日が続くこともあり、自宅で何もせずテレビで高校野球を見ながら静かな盆を送った。