7月の熱中症搬送 最多359人に・・・

熱中症①

大分合同新聞によると・・・大分県内で7月に熱中症とみられる症状で救急搬送されたのは359人と、前年を114人上回り、統計を取り始めた2010年以降、最も多かったことが県のまとめで分かった。気象庁の高温注意情報が県内では過去最長となる18日間連続で出されるなど、記録的な暑さが影響したとみられる。8月も厳しい暑さが続くことが予想され、県は「水分補給や暑さを避けるなど、熱中症対策を心掛けてほしい」と呼び掛けている。

今年は平年より11日早い7月8日に梅雨明け。その数日前から搬送人員が急増した。1日当たり10人を超えた日数は、12日の25人をはじめ19日間あり、前年を9日間上回っていた。359人の内訳は65歳以上の高齢者が167人で全体の約47%。成人(18~64歳)が113人、少年(7~17歳)が75人、7歳未満の乳幼児が4人となっている。

半数以上が軽症だったが、5人は3週間以上の入院が必要な重症だった。14日には中津市の男性(96)が自宅で意識を失った状態で見つかり、死亡が確認されたケースもあった。大分地方気象台によると、太平洋高気圧が西側に張り出し、大陸からのチベット高気圧にも覆われ、暑い日が多くなっている。日田市では7月、最高気温が35度以上の猛暑日日数が17日間あり前年を9日間上回った。8月も20日ごろまで暑い日が続く見込み。県健康対策課は「夜になっても気温が下がらず、寝ている間に熱中症になるといった事例も複数、報告されている。盆の帰省や夏休みの行楽など外出する機会も増えるが、体調管理には十分注意してほしい」と話している。