東有田振興のために・・・

今日一日、朝から夜まで忙しいスケジュールが続いた。東有田地区振興協議会三役で午前9時半から市役所農業委員会に出向き要望書提出。10時15分から佐藤総務部長に陳情。地元市議・9自治会長で11時から庁議室で市に対し陳情。約1時間掛けて詳細に説明と回答を頂く。午後1時から県土木事務所に陳情。2時半から県農協日田支店に「農協所有の土地について」要望書を提出する。3時から精神施設「神来の郷」へ出向き協議、夜は振興協議会代表委員による懇親会が開催された。

この中で特に詳細に説明したいことは、諸留ほ場整備内にあります農協所有の土地について改善を求めた陳情では、地区内の住民より害虫・環境的・景観的にも悪影響があり迷惑していることを強く要望し、使途を決定し解決するようにお願いする。県土木事務所への陳情では昨年の豪雨による災害復旧工事の早期完成と激甚災害対策特別緊急事業の早期着工を重点項目として陳情をする。日ノ本町の急傾斜地崩壊対策事業について工事が一時中断しているが、地元の考えと県土木事務所の考え方が違っていることもあり、今後問題が起きそうな雰囲気でした。

市に対し陳情した項目の中で法定外公共物の準用河川への認定については強く要望する。昨年の水害時のままであり流木が散乱し、少しの雨でもその流木などが流れ出し、又、被害拡大に繋がる恐れがあり、緊急な対策が求められる状況である。現在は水路としてしかなく、全く復旧も出来ていない。東有田地区は山の谷間に水路や河川かあり、その範囲も広く改善を求める場所も多く頭を抱えている。