民生委員選考で難航・・・・

5月1日付け日田市長名で各自治会長充てに「民生委員・児童委員一斉改選」についてお知らせが通知されていた。早目に民生委員候補を選任する準備の行なってほしいと文書が来ていた。早速、現民生委員に相談したところ、「2期民生委員をして来た。70歳を過ぎた。若い人になってほしい」とのことで次期民生委員候補に辞退することになった。

次期民生委員候補探しに各班長を巻き込んでここ1ヶ月間真剣に見つけている。しかしながら難航している。現在の民生委員の仕事を見ていれば大変。1ヶ月で約10日間何らかの仕事で出事がある。忙しい民生委員である。まして通常仕事を持っている方は無理のようです。そうなれば、仕事を退職した方、主婦で暇な方、民生委員の適格条件に満たす方などを探すのは大変な労務である。

東有田地区内の自治会長に聞いて見ると、「何故、自治会長が民生委員を選考しなければならないのか」と市に対し抗議をしたという自治会長もいる。それだけ難航している自治会もあるようです。7月12日付け市長名で正式に民生委員の候補者推薦文書が届く。8月12日までに推薦書などに書き込んで提出してほしいと来ている。数人を候補として上げ、毎日その方に依頼しているが良い返事は頂いていない。来週一杯には次期民生委員候補を決定したいが・・・