陳情項目が・・・・東有田振興協議会

今年、県・市に陳情する項目を審議する東有田地区振興協議会代表委員会が開催された。県に対しては通常お願いしています県道3線の改良促進を第一に。次に昨年の水害で被害を受けた有田川はじめ各河川の災害復旧促進。激甚災害対策特別緊急事業の指定を受けている有田川の早期着工と河川の浚渫。準用河川の県河川への格上げ。急傾斜崩壊対策事業の整備促進などについて陳情することになった。

市に対しては、防災の整備として東有田公民館に通じる避難道路の新設確保について第一に陳情することになった。昨年の豪雨の時、東有田地区の防災情報拠点でもある東有田振興センターが一時孤立状態になった。そのため、すぐ横にある消防東有田分団も消防車などが全く動けなかった。幸いその時間帯に救助を要する案件がなかったことが幸いでした。代表委員会の中でこの案件は強く市に対し避難道路確保を要求することで一致。

その他、市道の整備促進として9件、河川の整備として法定外公共物(水路)の準用河川認定陳情、農林業の整備としてほ場整備完了した田んぼの湿田対策についてお願いもすることになった。さらに、諸留ほ場整備地区内にある農協用地の管理についても論議された。まとまった陳情項目をまとめ、来月上旬に陳情活動をすることも決定された。