孫のサッカーの試合観戦で別府へ

孫の3男が小学生の時から三和クラブでサッカーをしていた。北部中学生に入学しても部活はサッカー部に入部して、毎日練習していると聞いていた。勉強はしなくてもサッカーだけは好きなようで、頭が痛くても練習に学校に行っていた。サッカー部がある中学校は中心部の生徒数の多い、東部中、三隈中、南部中、それに北部中と聞いている。東部中を除いて殆ど同じくらいのレベルと聞いていた。
今回、第25回中学生サッカー選手権大会が大分市、別府市などで開催されていた。先週日田市で開催された同大会の1回戦で大分市城東中学校に北部中が勝ったと聞いていた。2回戦は別府市青山中学校グラウンドで開催されると聞いて応援に行くことにした。県中学校バドミントン選手権大会の挨拶が終わって、すぐに高速道で別府市に向かった。11時20分にキックオフされた。対戦相手は大分市豊府中学校でした。素人の私が見た限り、北部中学校と同じくらいのレベルのチームでした。チョットした守りのミスで相手に1点取られ、最後まで北部中学校は点数を取ることが出来なかった。しかしながら、今後、実のある練習に励むなら良い成績が残せるだろうと思う。子供たちにとっては反省をしながら成果のあった試合だったと思われる。写真の白ユニホームが北部中学校です。
http://jh.ofa.or.jp/index.php?plugin=attach&refer=2011%C1%AA%BC%EA%B8%A2&openfile=kekka0121.pdf