梅雨終盤にゲリラ豪雨が・・・

ここ数年の傾向として梅雨末期にゲリラ豪雨が襲っている。6月下旬から7月上旬が一番危ない時期である。ここ数日日田地方は小雨ながら断続的に雨が降り続いている。雨も地面に湿り込んでいる時期であり、少しの豪雨でも被害が起こる可能性が高い。温暖化の影響でしょう。それにしても、日田地方は過去に大きな集中豪雨で被害もあっている。

梅雨時期は防災万全の体制で確立しておく必要がある。我が東有田地区でも谷間に民家が存在している地区もあり、早めの自主避難体制をする必要もある。集中豪雨は突然来るものであり安心できない。何時起きるのか分からないゲリラ豪雨である。有田川が氾濫することを想定し、避難経路も考えなければならない。班長会などで常に危機体制を持っているように伝達している。告知放送を諸留町住民に対し活用すべきと考えている。