何で市役所OBだけが・・・・

昨日のブログで市役所を退職して再就職の実態を書いたところ、苦情、抗議、励ましなどメールや電話が20本近くあった。市民の中で反響があったことが分かった。幾つかを紹介してみます。「民間企業は退職が来れば、そこで終わり。その後は少ない年金暮らし。その点、市役所OBは再就職の場が多い。民間人に開放すべき。国の天下りと一緒でないか。各団体も補助金を頂いているので市役所には甘いところがあるのではないか。」という声もあった。
さらに、「市役所を退職して、折り心地が良いかもしれないが、70歳近くまで居座っているOBもいるのではないか。その団体のトップに担当部長などが声掛けをして変えるべき。最長でも5年以内で変わるべき。」という声もあった。聞いてみると、市は退職後の再就職の斡旋先は全くタッチしていないというが、長すぎるOBには声掛けすべきとの意見もあるようだ。民間企業は再就職しても2~3年以内で辞めるケースが多いという。各団体も市役所OBだけに頼るだけでなく、一般市民にも開放して欲しいとの意見もあった。今の国のあり方では老後のことも不安一杯で何か仕事がありませんかという問い合わせもあった。