県道・市道の歩道は歩きにくい!!

今年に入って時間を作って歩いている。毎日、コースを変えて歩いている。歩く時は5km~10km、時間にして1時間~2時間程度歩いている。長い毛糸の帽子を深く被りマスクをはめているので、私とは分からないようにして歩いている。自宅から出来る限りコースを変えて歩いている。ある時は陸上競技場付近を回っている。どちらかと言うと市役所から見れば東方面一帯になる。県道を歩いたり、市道の歩道を歩いている。県道、市道共に歩道整備が出来ている所は安心して歩けるけど、歩道部分がないところは、車がすぐ横を走り危ない。
また、歩道整備が出来ている所もデコボコがあり、夜などは歩き難い。さらに、歩道と接している世帯の樹木の枝が相当に出てきている個所もある。県や市ではこうした歩道部分に樹木が出ている世帯への指導はしていないのかな?歩道部分に花の蜂などを置いている世帯も見受けられる。こうした監視体制はどしどし指導すべき案件である。
最近、車運転していると、歩いている市民を良く見掛ける。特に夕方から夜に歩いている市民を見掛ける。歩いている方が安心して歩ける環境づくりは、行政はもちろん県道・市道などに接している市民の責務であろう。