議長に赤星議員が選任!!想定外の出来事も・・

議会内の人事案などを協議する臨時議会が開催された。慣例で2年交代している議長選には赤星議員と嶋崎議員、大谷議員、松野議員がそれぞれ立候補し投票の結果、赤星議員が10票、島崎議員が8票、大谷議員が3票、松野議員が2票、白票が1票で赤星議員が議長に就任した。会派の駆け引きが今朝までゴタゴタ続き、社民クラブが議長選を辞退し赤星議員に投票した模様。さらに、混迷を深めた会派互認会(5人)がそれぞれの思いで投票に臨んだようだ。

副議長選も坂本議員、古田議員、日隈議員が立候補し、坂本議員が13票、古田議員が10票、日隈議員が3票で坂本議員が副議長に就任した。今回の議長選、副議長選ともに会派同士の思惑が思っているようにならずに混迷を深めていたようだ。常任委員長クラスでも決選投票したりして共産党議員が総務委員長に就任したりしている。前代未聞の出来事もあったようだ。以下、正副委員長クラスの名前は・・・

総務委員長に大谷議員、副委員長に松野議員、教育民生委員長に古田議員、副委員長に森山議員、経済委員長に羽野議員、副委員長に日隈議員、建設委員長に立花議員、副委員長に岩見議員、議会運営委員長に森山議員、副委員長に石橋議員、特別委員会の水資源特別委員長に財津議員、副委員長に権藤議員、公社特別委員長に中野議員、副委員長に大谷議員、議会改革委員長に飯田議員、副委員長に居川議員がそれぞれ就任した。議会選出の監査委員には樋口議員が就任した。