営農組合組織が動き出す!!

農業の担い手不足など課題が大きい農家のために3月28日に立ち上げた「諸留・上諸留地区営農組合」の第1回役員会が東有田公民館で開かれた。役員・監事・顧問など20名が出席。指導・助言のために県西部振興局水田班、市農業振興課職員も同席してもらった。今年の田植えから受託する農家もあり、何処まで受託するのか話し合いがされた。組合員も102名になり、さらに増える見込みである。

しかしながら、組合員は高齢者の農家も多いが、今だ元気に農業に従事している方も多いので、すぐに営農組合に頼む方も少ないようだ。ここ数年すれば、段々受託する農家も増えるようだ。そのためにも色々なケースを考えていなければならないようだ。今年は何もかも初めての取り組みであるので、わからないことが多く、県振興局農政部職員や市農業振興課に相談することが多い。