24番目の営農組合設立総会開かれる!!

市内に23組織の営農組合(うち6組織は法人化)が存在している。東有田地区でも池辺・本村・岩美・熊ノ尾・月出町にそれぞれ形態が違った営農組合が存在している。当諸留・上諸留地区でも農家の高齢化・兼業化で耕作者が減少し農地の荒廃が危惧される。今後、ますます担い手の減少、耕作放棄地の増加が予想される。集落全体で農地を守る効率的な機械投資、低コスト、省力化などで生産性を向上させ、農家相互の連帯と継続、利益の増進を図ることを目的に当地区の8集落で営農組合を設立することになった。

昨年4月に有志による発起人会を立ち上げ、各集落での説明会、農家の実態調査をするためにアンケート調査、自治会、生産組合長、班長などの協力で営農組合設立に向けて行動した。本日の設立総会までの期間中、全面的に協力頂いた県西部振興局農山村振興部集落・水田班、市農業振興課、大分県農業協同組合日田事業部の存在も大きかった。当地区内での農家世帯は120世帯のうち98世帯の加入があった。設立総会では規約、農作業受託規定、今年の事業計画、収支計画、役員体制などが提案され承認された。

当地区内ではすでに何らかの理由で利用権設定などを行い、耕作地を賃借している農家も多くなっている。ここ数年は営農組合組織を利用する農家は少ないと思うが、受け皿を作り上げることが必至の課題でした。今年は耕起、代かき、田植え、稲刈りのみを受託することになった。国のTPP交渉参加表明もあり、農業を取り巻く環境は厳しいこともあり、補助制度などを利用する受け皿にもなる組織作りは大切でもある。今後、営農組合が一歩一歩前進することをお互いに誓い合った。