諸留・本村地区の急傾斜崩壊対策事業説明会が・・・

昨年7月の豪雨で裏山が崩壊し、民家に大量の土砂が流入し大きな被害を受けた諸留町本村地区について、大分県が県単費事業で急傾斜崩壊事業をしていただくことになり、その事業説明会があった。工事計画、一部用地補償の説明、今後の工事日程などについて県土木事務所担当者から説明があった。地元としてここ数年、この個所の陳情などをしていたこともあり事業実施については了解した。

今後、詳細測量を行い工事実施は3月上旬には入るとのこと。今年の梅雨前には殆どの工事を終了したいとのこと。この工事が終われば、該当する民家は雨が降っても安心して暮らせることになる。今までは大雨になれば、近くに避難をしていたとか。東有田地区は山間にあり、こうした急傾斜地区が多く点在している。裏山を見ると大きな石がむき出しになっている箇所が沢山ある。その下に民家が点在している地区での急傾斜崩壊対策事業が待たれる。