光岡小学校でミスに誰も気が付かず・・・

夕方から夜に掛けてテレビのローカル放送で一斉に放映がされた。子どもたちの学力の定着状況を見る全国学力・学習状況調査が17日に県内すべての小中学校で実施された。調査は、文部科学省が全国一斉に実施しているもので、昨年度は、東日本大震災の影響で中止された。小学6年生と中学3年生が対象で、国語、算数に、今年は理科が加わりました。前回から、国が対象校を抽出する方式に変わりましたが、そのほかの学校も希望すれば、受けることができます。
県内では、すべての小中学校で実施された。大分県は、調査が始まった5年前から、2教科ともに全国平均を下回っています。市町村教委では対策として、今年も、夏休みを利用した授業を予定しているということです。抽出校の結果については夏ごろに、希望校については、各市町村が公表します。ところが、光岡小学校でミスがあったとの報道があった。
・・・・【学力テストで理科を実施せず NHK】・・・17日行われた全国学力テストで、日田市の小学校1校が理科のテストを実施していなかったことがわかりました。これは18日夕方、日田市教育委員会が会見して明らかにしました。全国学力テストはこれまでの国語と算数・数学に加えて新たに理科も加わって17日、2年ぶりに実施されました。
しかし、日田市教育委員会によりますと、日田市の光岡小学校の6年生の2クラス77人は、17日、国語と算数の2教科しかテストを受けなかったということです。学校では理科のテストを、日田市が独自に行っている社会のテストとあわせて18日に行うことにしていたということです。17日の夜、日田市教育委員会が理科のテストが実施されていないことに気づき、文部科学省や大分県教育委員会と協議した結果、子どもたちの混乱を防ぐため学校が予定していた通り、18日、理科のテストを実施しました。
今回の光岡小学校の理科の結果は全国学力テストの集計には反映されないということです。日田市教育委員会の合原多賀雄教育長は「テストの実施方法が変わったことを何度も周知してきたにもかかわらず、学校の誰も間違いを指摘できなかった。ご迷惑と御心配をおかけし申し訳ありませんでした」と謝罪しました。
【OBSでは全国学力テスト・抽出校で理科実施せず】・・・17日の全国学力テストで、日田市の小学校一校が6年生の理科のテストを誤って実施しなかったことがわかりました。17日の全国学力テストでは、小学6年生に初めて「理科」が導入されました。日田市教育委員会などによりますと、市内の小学校一校で、誤って理科のテストが行われなかったことがわかりました。去年の市独自のテストでは、理科が2日目だったので、同じマニュアルに沿った結果、実施するのを忘れたということです。日田市教委は、県教委や文部科学省と協議した上で、すでに新聞に問題と解答が掲載された18日になって理科を実施しました。この小学校は、全国学力テストの抽出対象ですが、テストの結果は、国のデータに反映されないということです。
【TOS・学力テスト日田市で実施ミス】・・・17日に県内一斉に行われた全国学力テストについて日田市内の小学校で理科のテストを一日遅れで実施するミスがあったことがわかりました。学力テストの実施ミスがあったのは日田市の光岡小学校です。日田市教育委員会によりますと平成24年度から追加された理科のテストについて17日にほかの教科とあわせて実施するよう国から通知されていました。しかし、光岡小学校では誤って18日に実施するよう計画し17日に理科のテストが行われませんでした。
原因は学校側の確認ミスで理科のテストは18日に実施されました。光岡小学校は文部科学省にテストの結果を報告する抽出校に選ばれていました。しかし今回の学力テストについては17日夕方の時点で問題などが公開されているため文部科学省では光岡小学校の理科については大分県の集計に反映させないということです。