有田川河川改修工事に陳情!!

7月の豪雨の災害復旧に伴い、有田川河川改修で関係町内の住民に測量の立ち入り周知回覧がされた。特に諸留町日掛け橋付近の住民から相次いで改修工事をするなら計画されている右岸だけでなく、左岸側も工事をするようお願いが出でいる。7月の豪雨の時、東有田中学校入口付近で有田川が崩壊し、その影響でその一帯に濁流が流れ込み多数の民家に被害があった。

このため、河川改修をするのであれば、その一帯を用地買収して河川の幅を広げ嵩上げすることで今後被害も起きないことになると言っている。そこで、関係者と井上県議に陳情することになった。今日午後から井上県議に面会し、詳細に河川工事内容と陳情内容を説明する。住民が願っている河川改修で無いと新たな被害も想定されるので県議も理解する。

早速、県土木事務所に陳情に行く。担当職員を交えて陳情内容を伝える。県職員曰く、今から現地の地形調査に入る。陳情内容は理解した。そのことを踏まえて今後河川改修線形を出して行きたいとの報告がされた。民家を買収することは買収金額も高くなるので出来る限り、民家を外しながら河川改修工事を考えているようです。地元住民の声も大切にしてほしい河川改修工事であって欲しいと願っている。