自治会長の仕事は多岐多忙!!

自治会長の仕事は町内の多岐範囲である。4月に就任して自治会長の肩書きで各種団体への役員になる。その各種団体の総会などの会議が頻繁にある。また、東有田消防分団の団員加入へのお願いを消防関係者と各家庭を回ったりもする。さらに、町内の巡回は頻繁に車で回ったり、歩いたりして監視・見守っている。気配りの仕事である。
今までであれば、紙切れだけの作成でしたが、今年からは訓練も入れた自主防災組織に変更している。町内一本でなく、5集落こどの防災組織に切り替える作業を各班長にお願いしている。異常気象の影響でしょうが、全国では今まででは考えられない災害も発生しているので、その対策にも対処できる自主防災組織に変えつつあります。町内の真ん中を有田川が流れているので、その有田川が氾濫の可能性も考えて組織変更をしている。各集落(地区)にお願いしていることは、年一回以上、必ず防災訓練を行って欲しい。形式だけでなく、あらゆる形を考えて実際訓練もお願いしている。
今日も東有田地区振興協議会代表委員会が開催された。17日に総会を開催する前に代表委員で決算等の承認と新年度の事業計画と予算などについて審議された。地元市議、9自治会長、各種団体のトップが集まる会議であるので、地区内の諸問題解決のために話し合いがあった。特に、農業問題は深刻な課題として取り上げられた。