諸留・上諸留地区集落営農組織化に・・・

今年5月に東有田地区集落営農組織化に向けて準備会が発足し、数回の会議でその組織形態が出来た。当初は諸留町・上諸留町・羽田町・日の本町の4町内で組織化の話を進めたが、余りにも面積が広すぎる、すでに機械共同利用組織などもあり、羽田町・日の本町が外れ、諸留町・上諸留町8集落で組織化に向けて各集落で説明会を開いてきた。

7月に北部九州豪雨があり、当分説明会も延期してきた。10月下旬で8集落での説明会・勉強会が終わり、次の段階に進むことになった。29日の夜に東有田公民館に8集落の生産組合長・班長・地区長など約30名が集まり、組織設立に向けてスケジュール、アンケート調査などの協議をする。11月中に現状認識と問題意識の共有をするためにアンケート調査と集計まで各集落で実施することも確認する。

どのような組織運営形態にするのか、さらに事業内容について年内に取りまとめることも確認する。最終的には来年3月下旬か4月上旬に設立総会を開催することも確認した。組織発足に向けて全面的な支援を頂いている県西部振興局農山村振興部集落・水田班、市農業振興課、大分県農協とも連携を深めて集落営農組織に向けています。