堆肥を田んぼに・・・

稲刈りも終わり、田んぼは役目を果たし来年5月まで休田される。その間に土づくりの一端で「堆肥」を入れてトラクターで耕しておく仕事がある。稲刈りした藁を酪農農家にやり、その代わりに堆肥を頂いた田んぼ。その他の田んぼは酪農農家から堆肥を4トン買った。その堆肥を散布する。軽トラックを田んぼに入れて田んぼ全体くまなく入れ込む作業をする。こうした作業することは初めてのことである。数日後にトラクターで耕す予定。