最後になってつまづく・・・

今日を以って稲刈りに関する大まかな作業が終了する予定でした。ところが最後になり天干ししてあった古代米を自動精米機で精米したが、「赤米」で自動精米機が詰まってしまった。自動精米機が動かなくなってしまった。関係者に連絡して修理してもらう。原因は「赤米」の乾燥が足りないという。自動精米機から詰まった赤米を全部出してしまう。

改めて天干しするしかないようだ。「赤米」は稲刈りして竹ざおに2週間掛けていた。脱穀してさらに「ござ」に2日間天干ししたが、乾燥が少ないというのでビックリ。想えば2年前にも同じケースになったことを想い出した。「赤米」と「黒米」は米に長い毛がある影響もあると思っている。改めて天干しするしか方法がない。天気の良い日に改めて2日間天干しすることになった。

その他の仕事は夕方までに順調良く終わり、殆どの稲刈りに関する作業は終了する。今後は田んぼに堆肥を入れてトラクターで耕す。古代米を作っていた田んぼには「高菜」を植える予定。多めの堆肥を入れ込んでトラクターで同じ場所を3回ほど耕して「高菜」を植えやすくする。「高菜」の苗も順調に育っているので、11月になれば植えられるようだ。